那珂川渓流解禁 もうすぐ

カテゴリ: 那珂川水系2013

那珂川の渓流解禁まであと4日となりました。
楽しみで、楽しみで、楽しみで・・・しかたありません。
しばらくの間、休みが取れなかったのですが、今週末(3月2日と3日)は休みが取れそうです。
もちろん出陣です。

多くのかたは放流量の多い上流方面に向かうのでしょうが、私は那須烏山市近辺の本流に出る予定にしています。
ただし、本流ヤマメ(戻り含む)やサクラマスはGW前あたりから釣れだすので、3月の解禁当初は竿を出したとしても釣れる可能性はかなり低いでしょう。
今回は、茨城県での戻りヤマメやサクラマスが出たという情報も無いので、狙いは本流ヤマメ(戻りじゃ無いやつ)にしようかと考えています。サイズは30cm前後でしょうか?
サクラマスや戻りヤマメは、遡上中は食事を取らないと言われていますが、今回狙うヤマメは活発に餌を捕食するので、ベイトフィッシュを意識した釣り方をしないと釣るのは難しそうです。

この時期の那珂川のベイトフィッシュと言えば、大きく2つあげられると思います。

その1つが鮭の稚魚
今年はまだ見ていませんが、順調であれば2cm~5cm程度に成長していると思います。
鮭の稚魚は、まだ泳ぐ力が弱いのでテトラポットの中とか、淵への流れ込みの巻き返し等の流れの緩い所にいます。
鮭科の魚なので、比較的冷水には強いと思われるので、それほどボトムに固まっていないんじゃないかなーと想定して釣りをしようかな?と思っています。マッチザベイトでルアーを選ぶとすれば、5cm程度のミノーか5g前後のスプーンといったところでしょうか???

もう1つは雑魚と呼ばれているウグイやオイカワ等です。
雑魚は水温が低くなると、流れの緩いボトムに集合してしまいます。なので場所が少しでもずれると全くベイトフィッシュがいません。あたりまえですがヤマメも釣れないでしょう。
それじゃ、雑魚をどうやって見つけるか?・・・ですが、これが難しい。ヒントと言えば雑魚釣りをする人が集まるところといったところでしょうか。
しかし、この雑魚は鮭の稚魚に比べるとかなり大きいので、大物を狙うとすればこちらでしょうか?

はてさて、どうなることでしょう。
自称大物釣り師としては、雑魚パターンででかいのを狙いたいところですが?
スポンサーサイト

Edit / 2013.02.25 / Comment: 2 / Trackback: 0 / PageTop↑

Comment

こんばんは
解禁楽しみですね!!

家の親父が監視員をしていますが
今年から漁業組合の方が本流にヤマメを放流するらしいです。頑張りましょう。

[ 2013.02.25 23:31 | 地元釣り師 | URL | Edit ]

地元釣り師さんへ

本流にヤマメ放流ですか
超うれしいです。

本流にヤマメを放流することで釣り人が川に入れば
カワウが川に来れなくなるそうです。
それによって、鮎やその他の魚の被害も減ると良いですね。

ヤマメも釣れるし一石二鳥です。

那珂川は関東で最高の川だと思っています。
さらに良い川になるよう私も頑張りたいと思います。

[ 2013.02.26 22:32 | 田舎っぺルアーマン | URL | Edit ]


Pagetop↑

Pagetop↑

 HOME 

プロフィール

田舎っぺルアーマン

Author:田舎っぺルアーマン
栃木県の那珂川を愛し那珂川マスを追いかけているルアーマン。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

06  05  04  03  01  11  10  07  06  05  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02 

FC2カウンター

QRコード

QR

検索フォーム