大物を狙う

カテゴリ: 釣りを考える

釣り人には、数釣りを楽しむ人、大物釣りを楽しむ人、雰囲気を楽しむ人等色々なタイプの人がいますが、自分は大物を釣りたい恥ずかしながらも自称大物釣り師(成果はいまいち出てませんが)
数年前までは数を多く釣ることが大物を釣る近道と考えていたが、ここ3~4年は狙って大物を釣れないかを色々と考えている。今の時点でのその答えは、小物を釣って場所を荒らさないことではと思っている。

那珂川での本流釣り(那須烏山市近辺の場合)
4月までは、大物はまだ少ないと思うのであまり対象とはならないが、5月になると30cm前後の本流ヤマメと40cm前後の戻りヤマメが川の中で混在してくる。本流ヤマメと戻りヤマメのポイントは若干違うのではとも思うが、それほど離れた場所にいる訳では無いので、小さ目(スプーンだと10g以下程度)のルアーで本流ヤマメを釣ってしまうと、魚が警戒して近くにいるであろう戻りヤマメが口を使わなくなる気がしている。
よって、最近は大き目(スプーンだと15g程度)のルアーを最初から使うようにしている。ミノーだとDコン63から72にサイズアップして使っている。
釣行回数があまり多くないので実証は出来ていないが、数は少ないものの平均サイズは大きくなっていると思うのだが・・・? 来年また挑戦してみます。

管理釣り場
朝や放流後の活性の高い時間帯は、比較的浅いところで良い思いが出来る。多くの釣り人は小さ目(スプーンだと2g程度)のルアーで楽しんでいると思うが、小さい魚を釣っていると場所を荒らしたり、活性の高い時間帯を逃してしまうので、釣りたい気持ちをちょっと我慢して3g以上のルアーで少し深めの層を引くようにしている。白河フォレストやレジーナの森・・・等、平均サイズが大きい所では5g程度を使うことが多い。
明らかに釣れる数は少ないけど、大物を釣ることは多くなってきていると感じている。
活性が低い時は難しいが、そのまま超忍耐の釣りをするか、思い切ってボトムで勝負するのも面白いように思う。
私の良く行くレジーナの森は、キャッチアンドリリースが主となっているので、大物もすれていて普通に引いても釣れない場合が多い。そんな時は魚の溜まる場所を探して冬でも無いのにボトムでねばると思わぬ大物に出会うことが有る。
スポンサーサイト

Edit / 2012.08.05 / Comment: 2 / Trackback: 0 / PageTop↑

Comment

初めまして。

ブログ楽しく拝見させて頂いてます。
遡上鱒沢山釣られていてすごいですね!
自分は那須塩原に住んでいて今シーズンから本流ルアー始めたのですが最大で32cmのヤマメでした。

来シーズンはなんとか40オーバー釣ってみたいです。

自分も本流は旧ブンスイレイの86M使っているので親近感が湧きました(^o^)/

これからも記事楽しみにしていますね!

[ 2012.11.17 21:57 | やまたいら | URL | Edit ]

こちらこそよろしく

私はスミスの竿が好きで、20年以上前にブラックバスを始めた時から使用しています。
スプーンもミノーも使えるので使いやすいですよね。

来年は放射能の問題が無ければ3月から本流に出る予定です。
4月までは厳しいと思いますが、何とかヤマメの顔を見れれば良いなと思います。

これからも私のブログをよろしくお願いします。

[ 2012.11.19 23:11 | 田舎っぺルアーマン | URL | Edit ]


Pagetop↑

Pagetop↑

 HOME 

プロフィール

田舎っぺルアーマン

Author:田舎っぺルアーマン
栃木県の那珂川を愛し那珂川マスを追いかけているルアーマン。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

06  05  04  03  01  11  10  07  06  05  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02 

FC2カウンター

QRコード

QR

検索フォーム