スポンサーサイト

カテゴリ: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Edit / --.--.-- / Comment: - / Trackback: - / PageTop↑

試投

カテゴリ: 愛用のタックル

CONQUEST試投の前に、糸を巻きましょ。
下巻きして、PE1号を150m。
「うーん、まずまずの巻き加減」

そうそう、ブレーキ調整もしないと。
まず、カムレバーなる物を外して、スライドさせてカバーを外します。
内部の開閉スイッチをスライドさせて引っ張ると、出てきました遠心(SVS?)ブレーキ。

田辺さん解説によると、最初は4つのブレーキを全てONにして、ブレーキダイヤルはMAXと言う事なので、解説通りにセットしました。
そして、元に戻そうとしたら、カバーがうまく入らないので、開閉スイッチがCLOSE出来ない。
やっぱ私は機械音痴、こんなところで5分位モタモタしてしまった。

ブレーキもセット出来たところで那珂川へ。
スモール君でも遊んでくれればラッキーです。
鮭釣りと間違われるのはイヤなので、セットしたのはスピナーベイト。

いざ、初投げ。
さすがにスピナーベイトじゃそんなに飛ばないか?
しかしながらキャストの感触や、巻きの感触は抜群。
パーミングだって信じられないくらいしっくり。
数投したところでブレーキダイヤルをMINにすると、なるほど少し飛びますね。

続いて、ブレーキを2つOFFに再調整。(ブレーキダイヤルは再びMAX)
そしたら、またまたカバーがうまく入らない。うーん不器用。
で、何とかカバーを閉じて、試投再開。
さすがに飛距離が伸びますね。

しかし、いつもはスプーンを使っているので、飛んでるかどうか良く解らない。
しかたが無いので、フック無しの14gスプーンにチェンジしてキャスティング。
「おー気持ちよく飛ぶじゃないの」って感じ。

それじゃ、ブレーキ全部OFFではどうだろう。
再度調整してキャストー。・・・ですぐにバックラッシュ。
やっぱ難しそう。

時間も無くなったので、ブレーキを2個OFFに戻して、しばらく練習したら終了としました。
結果としては、CONQUEST201 上々でした。これならストレス無く釣りが出来そうな気がします。

conquest201_20141012
スポンサーサイト

Edit / 2014.10.12 / Comment: 2 / Trackback: 0 / PageTop↑

Comment

ロッドとお似合いですね

リールそのもののサイズが以前のモノよりコンパクトになったので、ブンスイレイにぴったりですね

キャストフィールもまずまずのようですからヒト安心です

おまけにブレーキセッティングの幅も広がりましたので、風向きやルアーウェイトに上手く合わせられそうです

そうそうカバーを付ける際は、ブレーキシューが畳まれていないと締めづらいような・・・

[ 2014.10.13 08:06 | ozechi | URL | Edit ]

Re: ロッドとお似合いですね

小さいのにはビックリしました。手にスッポリとおさまって最高です。
ブレーキダイヤルが有るので、風程度だったらこの調整で何とかなりそうです。
カバーですが、何度か開け閉めしましたが、付けるのはどうもダメです。ブレーキシューは気をつけますね。
機械が苦手な私には、良い選択だったかもしれないです。

[ 2014.10.13 22:09 | 田舎っぺルアーマン | URL | Edit ]


Pagetop↑

Pagetop↑

 HOME 

プロフィール

田舎っぺルアーマン

Author:田舎っぺルアーマン
栃木県の那珂川を愛し那珂川マスを追いかけているルアーマン。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

09  08  06  05  04  03  01  11  10  07  06  05  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02 

FC2カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。