畑は生命感で溢れている

カテゴリ: ブルーベリーの手入れ

時間が有るので那珂川に行けるのですが?
渇水も酷いし、最近は釣り人も多くて釣れる気が全くしない。

んじゃということで畑の手入れをする事に。

畑は新緑で綺麗で、そして生命感に溢れている。
ちょっと前に花が咲いたと思っていたブルーベリ-には、大きいものでは1cm位の実を付けている。
あと1っカ月で収穫かーー。待ち遠しい。
農作業20140518_3

そして、ボイゼンベリーは白く綺麗な花を咲かせている。
農作業20140518_1

ブラックベリーは少し紫がかった花で、こちらも負けずに綺麗だ。
農作業20140518_10

それでは作業開始。
朝はまずトマトの支柱立てをした。
ことしプランターに植えたトマトは8本。今年は料理用のトマトの割合を増やしてみた。
どんな味なんだろう。
農作業20140518_5

その後では菊の挿し木に挑戦した。
ネットで調べて、土の配合をして・・・・・
1本を除いて、ちょっと菊の苗が小さいのが気がかりです。
菊の根からは新しい芽が出てくるのだけれで、その芽は病気まで引き継いでしまうらしい。
それが、挿し木だと病気を引き継がないので、良い花を咲かせたい時は挿し木が良いのだそうだ。
農作業20140518_4

そして、午後はメインイベント
それは、最近増えているカイガラ虫の除去
農薬は捲けないので、見つけたら1匹1匹手でつぶします。
たくさんいるし、見えない場所にもいるので全てを除去するのは難しいが、5月に除去しておくと大発生が抑えられるので地味な作業を続けました。
農作業20140518_9
カイガラ虫はアブラムシと同じで、甘い蜜を蟻に与える代わりに、蟻はカイガラ虫を守るようです。
なので、蟻がいる所には必ずと言ってよいほどカイガラ虫かアブラムシがいます。
そのせいか、カイガラ虫を除去していると、時々蟻が攻撃してきます。
いくら年をとっても蟻にやられるほど落ちぶれてないですぜ。パパッと蟻を払いのけてドヤ顔をします。
あー私は何て子供なんだろう。

カイガラ虫を除去していると、いろんな害虫がいます。
当然、見つければプチッとします。ウーンこの感触は微妙。

まず、名前の知らない毛虫。意外と多い。
農作業20140518_8

これも名前もしらないけど、イモムシみたいなやつ。
農作業20140518_7

こんなのも樹から落ちてきた。ちょっと引く。
農作業20140518_6

そして誰でも御存知のミノムシ
農作業20140518_12

こいつはプチッと出来ないので、少し保留
農作業20140518_11

そろそろ葡萄の手入れが始まる。


スポンサーサイト

Edit / 2014.05.18 / Comment: 0 / Trackback: 0 / PageTop↑

Comment


Pagetop↑

Pagetop↑

 HOME 

プロフィール

田舎っぺルアーマン

Author:田舎っぺルアーマン
栃木県の那珂川を愛し那珂川マスを追いかけているルアーマン。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

06  05  04  03  01  11  10  07  06  05  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02 

FC2カウンター

QRコード

QR

検索フォーム