那珂川マスへの道 その4

カテゴリ: 那珂川マスへの道

今回は本流での『スプーンのただ巻き』について書きます。
解り易く書けるかどうか少し不安ですが、がんばります。
ただ巻きとは、一定の速度を保ってリトリーブする事らしいです。管理釣り場だと1秒間にハンドルを1回転、本流のスプーンだと1秒間に2~3回転といったところでしょうか。しかし本流でのただ巻きは少々違います。もしかしたらただ巻きとは言えないかもしれません。
私の考える『本流でのスプーンのただ巻き』と言うのは、ルアーが着水してから回収するまでの間、ルアーが本来の動きをするようにリトリーブすることです。したがってリトリーブスピードは一定では有りません。

御存知のように、川の流芯は流れが速く、川岸に来るに従って流れは緩くなります。しかしこれは一般的な話であって、実際の川の流れは複雑です。このような複雑な流れの中、常にルアーの本来の動きでリトリーブするのは意外と難しかったりします。
例えば流芯に向かってルアーをキャストします。流芯は流れが強いのでリトリーブスピードはゆっくりです。流れがとても強ければ巻かないこともあります。そしてルアーが岸近くになり流れが緩くなるににしたがってリトリーブスピードを早めることになります。
では、どうやってリトリーブスピードを決めるのでしょう?
・・・それはリトリーブ中の竿に感じるルアーの重さと、リールの巻き抵抗です。

それでは実際にやってみましょう。
まず、止水でスプーンを投げてみましょう。水はクリアなほうが良いですね。そこでスプーンが本来の動きをするリトリーブスピードを確認し、何回も引いてみてその引き抵抗を憶えておきましょうね。
今度は川で投げてみましょう。最初は止水で憶えたスピードで引いてみます。流芯をリトリーブするとすごく重いでしょう。ルアーは回転してしまったり、水面から飛び出してしまうかもしれません。それじゃ今度は憶えておいた引き抵抗になるようにリトリーブしましょう。かなりゆっくりに感じますね。
そのままのスピードで岸に近付いてくると引き抵抗が弱くなるので、そしたらリトリーブスピードを徐々にあげて行きます。これがうまく出来れば複雑な流れでも対応可能です。引き抵抗に応じてリトリーブスピードを変えてください。重くなったらリトリーブスピードを遅くし軽くなったらスピードを早めます。
ただし、流れの有る川では、水の抵抗がラインにもかかるので、止水での引き抵抗よりも少し重く感じる位が、ベストなスピードになるので、これは実際に体験してみてください。

良く雑誌などでエキスパートの人のアクション解説などが書いてありますけど、その前にただ巻きをしっかり覚えましょう。そして川には複雑な流れが有るので、その流れがすごく自然で抜群のアクションを付けてくれます。私はスプーンのアクションを良く知りませんが、少しばかりは魚が釣れます。

アクションなど付けられなくてもただ巻きで魚は釣れます。
難しいことは考えずに魚が釣れるまで投げ続けましょう。

今回は下手な文章で申し訳ありません。
次回はもう少し工夫出来ればと思っています。
さて、次回の内容ですが、ただ今考え中にてございます。
スポンサーサイト

Edit / 2014.01.23 / Comment: 0 / Trackback: 0 / PageTop↑

Comment


Pagetop↑

Pagetop↑

 HOME 

プロフィール

田舎っぺルアーマン

Author:田舎っぺルアーマン
栃木県の那珂川を愛し那珂川マスを追いかけているルアーマン。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

06  05  04  03  01  11  10  07  06  05  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02 

FC2カウンター

QRコード

QR

検索フォーム