畑のマルチング

カテゴリ: ブルーベリーの手入れ

畑にブルーベリーの苗を植えた時は、バークチップも少なかったので苗の周りだけをマルチングした。
早いとこ畑全体をマルチングしようと思ったが、それからずいぶんと時間が経ってしまった。
ブルーベリーの苗の成長はすこぶる良いのだが、写真のようにマルチングした場所以外は雑草だらけにしてしまった。
マルチ_20130630_3

そんな中、2日ほど前にバークチップが到着した。
4t車で入れたのでかなり大量のバークチップだ。
マルチ_20130630_1
バークチップはかなり細かく粉砕されていて触るとフカフカしている。
かなり上質な感じがする。
今回のバークチップは黒羽チップという会社から初めて購入した。
放射線の量を測定して、基準内に入ったチップだけを運んでくれるので安心だ。

このチップを道路の反対側の畑まで、今度は一輪車で運ぶ。一輪車でゆうに100台以上は有るだろう、考えただけでちょっといやになる。
バークチップは発酵が始まったのだろう。触るとかなり暖かい。
広葉樹のバークチップは発酵すると高熱になり火が出ることも有るが、このバークチップは針葉樹なので、そこまで高熱にはならない。
マルチ_20130630_2

そして、もう一仕事。
畑に草が生えていても、厚く(10cm以上)マルチングすれば光が入らずにほとんどの雑草は枯れてしまうのだが、スギナだけはそうもいかない。土の中に根が残っていれば何度でも生えてくる。
昔、親父が「スギナの根は地獄まで続いている」と言っていたが、実に納得できる。
ならば、ということで地獄まで続いている根を掘ってみようとがんばってみた。
写真のようにかなり長く掘ってみたのだが、途中で切れてしまった。
まだまだ長そうだ。『地獄は遠いねー』
マルチ_20130630_4

がんばっているブルーベリーの摘み取り園に行った時に驚いたのだが、畑を歩くと地面がフカフカしていた。
その摘み取り園でもマルチングを厚くしていたからだと思う。
私の畑もマルチングを2回ほどしているが、まだそこまでフカフカしていない。たぶん1回や2回のマルチングでは十分でなく、マルチングをしてそれが分解され、またマルチングしてというのを何回も繰り替えしたのだろう。
5年、10年かけて理想の土に近付くのかなー。

今日は、畑の半分ほどしかマルチング出来なかったけど、一時的にしろフカフカのベッドが出来た。あと何回か繰り返せば、あの摘み取り園のような感触になるのだろうか?
マルチ_20130630_5
スポンサーサイト

Edit / 2013.06.30 / Comment: 0 / Trackback: 0 / PageTop↑

終わってしまうの、那珂川サクラ

カテゴリ: 那珂川水系2013

15日から16日の日曜日にかけて少しまとまった雨が降りました。
日曜日は休みだったので釣りに行きたいのですが、那珂川本流は増水と濁りで釣りになりません。
友人の元鮎師に「本流で濁った時でも箒川は濁らない時が有るよ」と言われたのを思い出して箒川の様子見に。
思った通り、午後は水が少し高いものの釣りが出来る状態でした。
減水した頃と比べると、すごく釣れそうな雰囲気は満点でしたが、2時間釣りをするもアタリすら有りませんでした。

そして、那珂川の増水も治まったので、昨日の朝と今日の夕方那珂川へ。
水も平水から少し増水ぎみといったところでとても良い感じなのですが、何度投げようと何も起こる事は有りませんでした。

今までは水さえ出れば、もう一度サクラマスの遡上が有ると信じていましたが、すこし揺らいできた感じです。
そして、どこからもサクラが釣れた情報が入って来ないので、さらに不安がつのります。

誰か、サクラ(戻りヤマメ)を釣った情報が有りましたら連絡くださいませ。

Edit / 2013.06.19 / Comment: 2 / Trackback: 0 / PageTop↑

今年も来ました『実りの梅雨』

カテゴリ: ブルーベリーの手入れ

畑のベリー達が次々と収穫を迎えている。
今年の梅雨は天気が良く、太陽の光を受けてベリー達はみんな甘くておいしい。
ボイゼンベリーは少しの酸味と甘味のバランスが良い。
タイベリーはとても甘いだけでなく香りも良くて旨い。
ブルーチップは実が大きくて食べ応えが有る。少し酸味が強くて果物らしいのが好きだ。
ペンダーの実は小さ目だけど、甘みがとても強く旨い。
アーリーブルーは上品な香りと味で食べると贅沢な感じがする。

これから収穫も最盛期を迎える。
釣りを考えると雨に降ってもらいたいが、ベリーを考えると太陽が出たほうが甘くて旨い。
どちらかを選ぶとすると、今は魚が釣りたいかなー。

ボイゼンベリー                  タイベリー
ボイゼンベリー_20130618  タイベリー_20130618

ブルーチップ                   ペンダー
ブルーチップ_20130618  ペンダー_20130618

アーリーブルー
アーリーブルー_20130618


Edit / 2013.06.18 / Comment: 0 / Trackback: 0 / PageTop↑

恵みの雨?

カテゴリ: 那珂川水系2013

台風3号でまとまった雨が降るかと期待したけど、曇り空ながら時々ぱらっと降るだけで、期待した雨にならないまま台風3号は消滅してがっかりしました。
しかし、昨日はようやくまとまった雨が降ってくれました。

写真は興野大橋から上流を見た写真です。
1mまでは増えなかったみたいですが、サクラマスが遡上出来る程度の量じゃないかと思います。
私としては、あと1m位出てほしかったなー? というのが本心ですが、茂木町より下流は1.5m位増水しているので、下流側に魚がいれば遡上してくれるでしょう。

早いもので、6月も後半に入りました、今回の増水の後も魚が釣れないようなら今シーズンはダメなのかなー。
と考えてしまいますが、そうならない様に期待します。
那珂川の様子_20130616

Edit / 2013.06.16 / Comment: 4 / Trackback: 0 / PageTop↑

忍耐のヤマメ

カテゴリ: 那珂川水系2013

友人Yの2013年はさい先が良く、解禁直後に小さいながら一匹目をキャッチした。
期待を持たせるスタートだったけど、その後でつらい時期が続いた。
今日まで約3か月間、はるばる栃木市からほぼ毎週那珂川に通ったにも関わらずヤマメは遠かった。
そんな中、今日の夕方37cmの戻りヤマメが釣れたとの連絡が入った。
場所は、私が先週ヤマメを掛けた那珂川の支流。5mほど先でかかったそうでした。
あまりのうれしさに涙があふれたみたいです。

Yさんおめでとう。
しかし、泣くのは早い、もっとでかいのが待ってるぜ!
yamada_20130609

ついでに私ですが、
昨日と今日の朝にも那珂川に行きましたが、アタリゼロの惨敗でした。

Edit / 2013.06.09 / Comment: 0 / Trackback: 0 / PageTop↑

ブルーベリーの実が膨らんできたぞ-(2)

カテゴリ: ブルーベリーの手入れ

遅ればせながら、ラビットアイ系の実も膨らんできました。
こちらの収穫は7月中旬頃かなー。

ブライトウエルは実も大きく甘いし、丈夫で育て易く、そしてたくさん収穫出来ます。
育てるならばとてもお勧めの品種です。
パウダーブルーもとても甘いし、丈夫で育て易く、そしてたくさん収穫出来るのですが、実が小さいく収穫がたいへんなのが欠点でしょうか。でもとても良い品種ですよ。
ブライトウエル                  パウダーブルー
ブライトウエル_20130606  パウダーブルー_20130606

バルドウインですけど、実の大きいので食べごたえが有ります。
だけど、味はブライトウエルやパウダーブルーが上かなー?
バルドウイン
バルドウイン_20130606

オンズローとアイラは、今年初めて収穫します。
ラビットアイ系は食べると口の中に種が残るものが多いのですが、この2つの品種はあまり残らないようです。
どんな味なのか、食べるのが楽しみです。
オンズロー                    アイラ
オンズロー_20130606  アイラ_20130606

オースチンとティフブルーは育てやすく味も良い、ラビットアイ系の定番といったところでしょうか?
オースチン                    ティフブルー
オースチン_20130606  ティフブルー_20130606

Edit / 2013.06.06 / Comment: 0 / Trackback: 0 / PageTop↑

那珂川本流ヤマメ_2013年6月2日の釣果

カテゴリ: 那珂川水系2013

今日もがんばって早起きし友人Yと那珂川サクラマスに挑戦です。
まずは、那須烏山市のいつもの場所へ。

本日の状況ですが、
天気:曇り時々晴れ
水温:18℃
水量:平水より少なめ
水色:クリア

先週木曜日に少しまとまった雨が降り一時は90cm位も増水しましたが、あっというまに減水し今日は平水より少な目となっていました。いくら何でも減るのが早過ぎでしょう。どうしたのだろう。

実は、雨の2日後の昨日が最大のチャンスと思い、仕事前に挑戦しましたが信じられない事に何の反応も無しでした。何でなんでしょう?????

それで、今日なのですが、釣り始めるもどうも反応が無い。30分以上経過したあたりで、30cm位のチビスモールをキャッチしましたが、それ以外にはアタリすら無かったです。

下流に場所移動しましたが全く反応は無く思い切って上流へ。

昨日は鮎釣りの解禁でしたので、場所によってはたくさんの鮎師が釣りをしています。
そんな中、鮎師が少なく釣りが出来そうなところを見つけて再度釣り開始。
しかし、ダメ。釣れる気配が無い。

で、思い切って?川に行くことにしました。
友人Yが昨年、でかいヤマメにラインを切られた場所に入りました。
スプーンを流していると、アタリが、それも本命っぽい。
少し緊張しながらランディングすると、ちょっと色の違う32cmのニジ君でした。
本命じゃないので残念な思いと、鱒の仲間が釣れたうれしさでちょっと複雑な思いです。
本流釣り_20130602_1

友人Yがずいぶんと下流に行ってしまったので、私はニジ君が釣れたポイントの反対岸へ。
スプーンを投げながら釣り下ります。
20m位釣り下がった所で、良い感じのアタリが!
鱒の仲間だと思うが、またニジ君だったりしてと思っていると銀色の魚体。
どうやら本命みたいです。
ネットに入った魚体は、サイズこそ33cmでさほど大きくはありませんが、すばらしく体高があって、うっすらとパーマークの残ったスーパーヤマメ君でした。
やっと会えたうれしさが・・・
しばらく見とれてしまいます。
本流釣り_20130602_2

その後も同じ場所で少しねばった後、移動場所を探しましたが、減水でめぼしい場所もなく昼頃に今日の釣りを終了しました。

スモール、ニジ、ヤマメが釣れて久々にうれしい一日となりました。

梅雨に入ったのですが、来週も晴天が続く予報でまた減水しそうです。
いつになったら、本来の那珂川に戻るのでしょうか?
このまま不調のままでシーズンが終わるのではないかと不安がよぎります。

本日のタックル
ロッド:SMITH TROUTIN'SPIN BUNSUILAY NBSL-76M 改
リール:ダイワ ルビアス2506
ライン:DUEL SUPER SMOOTH 0.8号
リーダー:シーガー R18 8ポンド
ルアー:オリエン8g、トラップ7.5g

Edit / 2013.06.02 / Comment: 4 / Trackback: 0 / PageTop↑

 HOME 

プロフィール

田舎っぺルアーマン

Author:田舎っぺルアーマン
栃木県の那珂川を愛し那珂川マスを追いかけているルアーマン。

カレンダー

05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ

03  01  11  10  07  06  05  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02 

FC2カウンター

QRコード

QR

検索フォーム