スポンサーサイト

カテゴリ: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Edit / --.--.-- / Comment: - / Trackback: - / PageTop↑

鉢植えブルーベリーの水やり

カテゴリ: ブルーベリーの手入れ

最近感じるに、ブルーベリーを栽培するにあたって一番難しいのは、鉢植えブルーベリーの水やり。
栽培を始めた頃の失敗の多くは、水やりを忘れたり鉢が小さすぎての水切れ。それじゃ水やりをまめにしたり、鉢を大きくすれば良いかというとそうでもなく、水をやりすぎたり鉢を大きくしすぎると加湿になりすぎて根腐れを起こします。
一つ大切な事は、水やりの目的は水を供給するだけでなく、根の呼吸の為に土の中の古い空気を追い出して新鮮な酸素も供給してあげること。よって水やりする際には鉢底から水が出てくるまでたっぷりと与えます。
水やりのタイミングは、『鉢の表面が乾いたら』と良く言われていますが、目安としては木が休眠している11月~3月頃までは週に1回~2回程度それも水が凍らないように午前中、4月~6月は毎日1回、7月8月については毎日+晴れた日にはもう1回、9月10月も毎日1回といったところでしょうか。
また、水やりをする際に鉢を持ってみて、水の含み具合による鉢の重さを覚えておき、鉢が軽くなった時に水やりが出来るようになれば、さらに良い管理が出来るようになるでしょう。その際は軽いプラスチック鉢のほうが解り易いですよ。面倒ですが鉢を持つクセをつけると良いですね。
そしてこれはブルーベリーだけでなく、他の鉢植えにも共通します。
明日からは8月、まだまだ水やり2回の暑い日が続きそうです。
スポンサーサイト

Edit / 2012.07.31 / Comment: 0 / Trackback: 0 / PageTop↑

フラミンゴプランツ

カテゴリ: その他の園芸関係

4~5年ほど前に嫁が友人からいただいた花、名前はフラミンゴプランツ
和名はサンゴバナというらしいです。
初めは花が2つか3つでしたが、昨年あたりからかなりの数の花が咲きだしました。
今年も先週あたりから咲き出し今が見頃、とてもゴージャスな花です。
栃木県あたりだと室内でも冬越しが可能で、育て方が難しそうですが以外と簡単です。
花が咲くと何となく運気が上がりそう。・・・上がってませんが。

フラミンゴプランツ

拡大するとこんな感じ
フラミンゴプランツ 拡大

Edit / 2012.07.28 / Comment: 0 / Trackback: 0 / PageTop↑

那珂川本流ヤマメ 2012年7月23日の釣果

カテゴリ: 那珂川水系2012

惨敗・連敗・・・・・ふー

今日も無理をして4:30起床、5:30頃に箒川で釣り開始。
小雨・水色良し(たぶん)・水温18度・・・7月にしては最高のコンディションに思われた。
それが・・・
釣れない。ルアーを変えても移動しても釣れない。
結局釣れたのはニゴイ君のみで、写真を撮ったがブログに載せる気力無し。

さらに22日は黒羽方面で55cmのサクラマスが釣れたとの情報入手。
追い打ちをかけて落ち込みです。

よって今回は写真無し、タックル紹介無しです。

Edit / 2012.07.23 / Comment: 0 / Trackback: 0 / PageTop↑

2012年7月22日 釣友Yさんの釣果

カテゴリ: 那珂川水系2012

本日、Yさんは予定が変わったらしく、14:00頃から釣りに行けたようです。
場所は、那珂川支流の箒川のさらに支流です。

7月の難しい時期にも関わらず、ヤマメを釣り上げたのですが、残念ながらサイズは22cmでした。
そして、30cmを超える戻りヤマメもかけたようですが、ネットに入れる際に逃がしてしまったようです。
釣り上げていればかっこ良かったのですが?次回に期待ですね。

Yさんヤマメ_20120722

釣りとは違うのですが、Yさんがネットですくった魚です。カジカだと思います。
那珂川水系にはたくさんの種類の魚がいて、水際の草の中をガサガサすると色々な小魚等がすくえます。
どじょう・しまどじょう・ギバチ・カジカ・ザリガニ・ヌマエビ・スジエビ・ウグイ・カワムツ・ヤゴ・・・等々
ただし、目の細かい網でないとダメですよ。
釣れなくて退屈な時に遊んでみるのも楽しいです。楽しんだらリリースしましょう。

カジカ_20120722

私は、土曜・日曜が仕事でしたが、明日の午前中は休みです。
朝起きれたら出動してきます。釣れたらブログに記事を書きたいと思いますが、更新されなかったらたぶんボウズです。

Edit / 2012.07.22 / Comment: 0 / Trackback: 0 / PageTop↑

那珂川本流ヤマメのシーズンについて

カテゴリ: 那珂川水系2012

私の経験からの那珂川本流ヤマメシーズンについてです。
ホームが那須烏山市付近なので、それを基準にしての内容です。

3月
那珂川本流も渓流と同じで、何も無ければ3月1日が解禁となります。
3月も本流ヤマメは釣れますが、ほとんどはサイズが30cm前後までで、戻りヤマメと言われている物では無いです。また釣れる数も少なく魚の顔を見れれば上出来です。私も3月に本流ヤマメを釣れた記憶は少ないです。
では、何故釣れないのに那珂川に通うかというと、那珂川では時として信じられない魚が釣れるからです。3月下旬に釣れた59cmのサクラマスの写真も見てますし、私も49.5cmのイワナを釣っています。そして3月では無いかもしれませんが、50cm程度のニジマスやブラウンが釣れたという話も聞いています。
那珂川の奥の深さと可能性を感じて川に向かってしまいます。

4月
4月も基本的には3月と大きくは変わらない気がします。暖かくなって釣りはしやすくなりますが、私はあまり良い思いをしたことが有りません。しかし1点気になるのは鮭の稚魚の存在です。那珂川には鮭が多く遡上し、4月頃になると稚魚が5cm程度に成長します。この稚魚を意識した釣りをすれば、今までと違った結果が出るのではと密かに思っています。今年の3月は釣りが出来なかったので、来年はその釣りに挑戦しようと思います。

5月
私の大好きな時期です。ヤマメが釣れないにしても、那珂川に通っていると、GW明けあたりから川の様子が変わって来ることに気付きます。それは飛んでいる虫の数であったり、魚のライズであったり、ヤマメで無いにしても魚の反応が変わってきたり、表現が難しいのですが、釣れる気配がしてくると書けば釣り好きのかたは解ってくれるでしょうか?
そして5月中旬頃になると、本流ヤマメに40cmを超えるような戻りヤマメが混じります。那珂川の最盛期の始まりです。サクラマスの期待が持てるのもこの頃から6月末までが1番だと思います。
私が思うに、那珂川で本流ヤマメを手にしたいのであれば、遅くとも5月上旬には通いだして那珂川の変化を感じてほしいと思います。那須烏山市あたりだと戻りヤマメやサクラマスは群れが通過していくだけなので、釣りに通って魚の群れをみつけて、その群れを追いかけるのはとても重要です。

6月
間違いなく最盛期だと思います。魚のサイズ・数共に期待十分です。チャンスを物にする為にも少々無理をしても、那珂川に通って魚を見失わないようにしています。実際はそれでも見失うことが多いです。
年によって違いますが、那須烏山市あたりだと、6月中旬頃までで釣れなくなるので、6月下旬頃からは那珂川町かその上流に行くのが良いかと思います。

7月
難しくて、私にはほとんど釣れません。
今年は、那珂川支流の箒川に通ってもみましたが、結果は全く出ませんでした。よって参考となるような記事を書くことが出来ません。
来年の課題です。

8月・9月
ヤマメの産卵の時期が近付いてくるので、この時期はヤマメを釣りに行かないようにしています。まー行ったとしても釣る自信は無いですけど。

ざっとですがこんな感じでたいした情報では有りませんが、参考となる内容が有りましたら来年は挑戦してみてください。
技術的なアドバイスは出来ませんが、私が思う那珂川本流ヤマメの最大の攻略法はあきらめないことです。とにかく通って投げ続ければ結果はついてくると思います。そして本物のサクラマスという奇跡に近いことが起こるかもしれません。

Edit / 2012.07.17 / Comment: 0 / Trackback: 0 / PageTop↑

今日は箒川 2012年7月14日の釣果

カテゴリ: 那珂川水系2012

那珂川町付近を中心に那珂川と箒川を攻めていましたが、ここ何回かはヤマメの反応が無いので、今日はポイントを探しながら箒川上流に向かって出動です。

しかし、川の近くを車で走っていくも、そそられるようなポイントは見つからず那須塩原市まで入ってしまいました。13:00頃に家を出ましたが、結局釣り始めたのは15:30過ぎでした。
川幅が狭いので、5g~8g程度のスプーンで表層付近を早めに、次はボトム付近をスプーンが石にあたるくらいスローで、とこれを繰り返しながら川を下ります。
しばらくすると、プルプルっとあたりが、正体は10cm位のパーマークのきれいなチビヤマメです。(すぐにリリースしたので写真は有りません)
こんなヤマメが釣れるなんてさすが上流です。那須烏山市付近ではチビヤマメが釣れるとしても3月頃ですし、ほとんど銀化してしています。
その後は、同じサイズのチビヤマメを1匹追加して終了。

強い雨が降ったりやんだりの中、スプーンをロストしながらボトムを丁寧に攻めましたが、結局チビヤマメ2匹のみの釣果でした。
やっぱ、那珂川水系で7月に戻りヤマメを釣るのは難しいなー。もー。

ロッド:SMITH Troutin Spin EVOLUTION TRE-64PEX
リール:ダイワ シルバークリークX 2004
ライン:Shimano Power pro
ルアー:オリエン 8g 5.9g バックス5.1g

Edit / 2012.07.14 / Comment: 0 / Trackback: 0 / PageTop↑

実りの梅雨(2)

カテゴリ: その他の園芸関係

ついにトマトも食べ頃となりました。
1番目の写真がイエローアイコ、2番目がアイコ、3番目がピッコラカナリアです。
一昨年までは、トマトの皮も硬いし、甘味も少なかったのですが、昨年からはどのトマトも皮も薄いし、甘いし、そして、ジューシーなトマトが出来るようになりました。
変えた点は、市販の培養土をそのまま使うのではなく、牛糞堆肥をブレンドしたことと、水のやり方を変えた点くらいですが、それが原因なのでしょうか?それだけでこれだけ美味しくなるのかが少し疑問です。他に何かしたかは良く覚えていないし・・・・・・

イエローアイコ_20120705

アイコ_20120705

ピッコラカナリア_20120705

最後の写真は、ブルーベリーの果実です。
¥100硬貨の右がブルーベリーのチャンドラーという品種で、左がスパータンという品種です。
チャンドラーはうまく作ると¥500硬貨と同じ位の大きさになりますが、今年は¥100硬貨の大きさは楽に超えたのですが、¥500硬貨には届きませんでした。
スパータンが¥100硬貨と4同じ位の大きさになったのは上出来かと思います。

チャンドラー_20120705

今年の梅雨は、晴れ間が多いので、果実や果菜はとても良く出来ています。
ヤマメ釣りには、雨が降って増水してほしいのですが、果実や果菜には日光が良い仕事をしてくれます。
贅沢を言えば、朝から夕方まで晴れて、19:00頃から夕立というのが最高ということでしょうか?

Edit / 2012.07.05 / Comment: 0 / Trackback: 0 / PageTop↑

那珂川本流ヤマメ 2012年7月2日の釣果

カテゴリ: 那珂川水系2012

時間を作って、夕方の2時間ほどの箒川挑戦です。
15:00頃に箒川に付きましたが、やはり減水していて釣れる気配無し。
水温も23℃で、ヤマメを釣るにはちょっと高いかなー

それでも何が起こるか解らないので、気を取り直して釣り開始です。
今回も、前回のように岩盤の所をボトムとスローな釣りを意識して練習も兼ねての釣りです。
覚悟はしていましたが、やっぱりアタリが有りません。
遊んでくれたのは下のウグイ君一匹だけでした。
場所探しの目的も有ったので、今までに釣りしていない場所を3カ所ほど行きましたが、これといった
場所でも無く、ほとんど収穫の無い釣行でした。残念。

ある程度まとまった雨が降ってくれると良いのですが。
家に帰ったら、ビールを飲みながら雨乞いでもしようかと思います。

ウグイ_20120702

今回の使用タックル
ロッド:Troutin Spin BUNSUILAY NBSL-76M 改PEラインスペシャル
リール:ダイワ ルビアス2506
ライン:Shimano Power pro
ルアー:トラップ 11g、Dコン72

Edit / 2012.07.03 / Comment: 0 / Trackback: 0 / PageTop↑

 HOME 

プロフィール

田舎っぺルアーマン

Author:田舎っぺルアーマン
栃木県の那珂川を愛し那珂川マスを追いかけているルアーマン。

カレンダー

06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

06  05  04  03  01  11  10  07  06  05  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02 

FC2カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。