スポンサーサイト

カテゴリ: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Edit / --.--.-- / Comment: - / Trackback: - / PageTop↑

那珂川本流ヤマメ 2012年6月30日の釣果

カテゴリ: 那珂川水系2012

今日はちょっと寝坊をしたので、5:00過ぎに那須烏山方面のいつもの場所に出動です。
例年だと、ヤマメは6月下旬頃には那珂川町より上流に昇ってしまいますが、下記を確認したくて行ってみることにしました。
一つは、鮎の遡上が半月程度遅れているので、ヤマメも同じように遅れていてまだ那須烏山付近に残っているかどうかの確認。
もう一つは、Gijie夏号に載っていた田代淳也さんの釣り方を試してみたかった為です。技術が違いすぎるので当然同じ事は出来ないですけど、試してみないと解らないのでやってみました。このポイントには沈みテトラもたくさん入っているので緊張します。
ルアーをクロス、又はややダウンクロスにキャストします。カウントダウンしてルアーを沈め、根がかりしないようにロッドを動かしながら、イメージとしては10m位リーリングをしないで底を流します。テトラの下に隠れているヤマメにルアーを見せて食わせる為です。そして、超スローにリトリーブ(管理釣り場でのリトリーブみたい)
開始して20分位経過して、ちょうどリールを巻き始めた時にゴンと良い当たりがでました。やっぱりいたのかヤマメ君と思いながらリーリングしますがどうも引きが違います。しかし常連のニゴイやブラックバスとも違います。魚を寄せると34cmも有る巨大なウグイ君でした。イメージ通りのアタリだっただけに残念。
ウグイ34cm_20120630

その後はまたアタリが遠のきましたが、さらに1時間経過した頃に再びあたりが、そしてジャンプ、しかし何か魚が黒いそれに太い、そしてまたジャンプ、やっぱり黒い。想像通りブラックバスでした。
しかし、その魚の引きがバカみたいに強い、強引に寄せたつもりがなかなか寄って来ない。楽しませてもらった後にネットに収まったのは37cmで太いかっこ良い魚でした。
BB_20120630

もう少し釣りを続けて、7:00少し前に終了しました。
今回の釣行で解ったのは、
今回のポイントにはもうヤマメは残っていない、というか少なくとも私のテクニックで釣れる魚はいないこと。しかしウグイとブラックバスが釣れることは立証できましたが・・・
そして、沈みテトラが入っている場所で、今回の釣り方はとてもリスキーだったこと。覚悟はしていましたが、根ががかりが多発し、2時間も釣っていないのにルアーを2個も無くしてしまいました。気に入っているカラーのルアーほどロストします。悲しいです。

7月は箒川かなー。鬼怒川も良いのかなー。

今回の使用タックル
ロッド:Troutin Spin BUNSUILAY NBSL-76M 改PEラインスペシャル
リール:ダイワ ルビアス2506
ライン:Shimano Power pro
ルアー:トラップ 11g、14g
スポンサーサイト

Edit / 2012.06.30 / Comment: 4 / Trackback: 0 / PageTop↑

那珂川本流ヤマメ 2012年6月24日の釣果

カテゴリ: 那珂川水系2012

先週、箒川で良い思いをしたので、調子に乗って今週も友人Yと朝4:00に箒川に出動です。
先週は那珂川合流に近いところでしたが、今週は少し上流から川を下りながらの釣行としました。
台風4号の大増水で、川がどのようになったか不安でしたが、川に到着してみると川の流れは変わっているものの、水の量、水の色共に良好で期待は十分です。

しかし、です。
アタリが無い。移動しながら良さそうなポイントにルアーを投げ続けますが、私にも友人にも何の反応も有りません。鮎釣りの人もいないし、ヤマメ釣りの人も少なく自由に好きな場所で釣りができるのですが、どうやってもアタリが無い。

そんな中、釣り始めてから2時間ほど経過したところで、友人がこちらを見ています。
よく見るとネットに何かが入っているみたい。
知らないうちに釣り上げていたようで、写真撮影の為に近くに行くと、ネットの中にはニジマス君が入っていました。計測すると33cmなので、管理釣り場のアベレージサイズといったところでしょうか?
ヒレも完全では無いので、どこからか逃げ出した魚なのでしょうか?

レインボー_20120622

魚の活性が上がったかと期待しましたが、その後は私の竿も友人の竿も曲がることなく、9:00頃に終了としました。もう完全に不完全燃焼でした。
那須烏山市や、那珂川町だと本流ヤマメのシーズンもあと少し。何とか夢のサイズを釣りたいものです。

使用タックル
ロッド:SMITH Troutin Spin EVOLUTION TRE-64PEX
リール:ダイワ ルビアス2506
ライン:Shimano Power pro
ルアー:Dコンタクト72、63

Edit / 2012.06.24 / Comment: 0 / Trackback: 0 / PageTop↑

実りの梅雨

カテゴリ: その他の園芸関係

ベリーを作っていると、今の時期からが実りの季節です。
今年も順調に実り始めました。

これはボイゼンベリーです。
ボイゼンベリーは鉢植えしてましたが、昨年地植えにしました。
そのせいかかなり大きく育ち、たくさんの実を付けています。
ボイゼンベリー_20120622

これはタイベリーです。
これもボイゼンベリー同様、昨年地植えにしています。
しかし、思ったほど成長していません。実もあまり多くないし。来年に期待かなー。
タイベリー_20120622

これはブルーチップです。
なかなか味が良く出来ました。収穫の時期も思ったより早く来ました。
ブルーチップ_20120622

そしてこれはペンダーです。
小さい実ですが、とてもおいしいです。
摘花をしてずいぶんと花芽を落としてしまいましたが、ちょっとやりすぎた感じです。
ペンダー_20120622

これはスパータン。
実も大きいし味も最高で、ブルーベリーの品種の中では1位2位を争うと思います。
あと数日で収穫です。
スパータン_20120622


Edit / 2012.06.24 / Comment: 0 / Trackback: 0 / PageTop↑

那珂川本流ヤマメ 2012年6月17日の釣果

カテゴリ: 那珂川水系2012

今日は友人Yと2人で那珂川に出動しました。
朝4:00頃には、いつもの釣り場に到着しましたが、天気が悪い為かまだ暗いうえに雨が降っていたので車の中でちょっと待機。

明るくなってきた頃には雨もぼぼやんだので釣り開始です。
昨日の雨で10cm位、水位が上がったのでしょうか?その部分の石の色が変わっています。コンディションは上々のように思えます。
しかしです。2人共まったくヤマメのあたりが有りません。
唯一のあたりが私に釣れた下記で、開始45分後位に釣れた30cmを少し超える程度のチビバス君です。チビ君の割には強いひきの魚でした。
まったく反応がなかったので、今回は一気に那珂川町近辺まで移動です。
ちびバス

移動したのは、昨年友人Yが48.5cmを釣った実績ポイントなのですが、増水の影響で川が大きく変わってしまっています。
一応ルアーを投げましたが、反応が無いので私は下流に移動です。
流れが少し強いので、スプーンで無くミノーで挑戦です。
ポイントはしぼりずらいので、ミノーを投げては下流に5歩程度移動を繰り返します。
その時大きなあたりがありました。竿を立てバラさないように慎重にやりとりをし、岸に上げたのはあまり太ってはいませんが43cmのグッドサイズでした。
しかし、悲しいかなサイズ測った後で、針を外していると何と魚は沖のほうに泳いでいってしまいました。おとなしかったので油断をしていました。よって写真が有りません。・・・残念。

しばらくその場所でねばるも反応無しのため移動です。那珂川のポイントを何ヶ所か見ましたが何となく釣れそうな場所が無いので、どうした訳か箒川に向うことにしました。

ポイントについた後で、私は眠くて車の中で仮眠タイムです。
1時間位経ったでしょうか、友人からヤマメが釣れたとの電話です。それもグッドサイズ。
デジカメを持って、魚を見に行くと角度によってパーマークが見え、そしてキズも無いきれいなヤマメでした。
計測すると39cmでした。那珂川に比べると小さな川ですが、こんな大きなヤマメがいるんですねー。
下の写真は、箒川で釣りをしている様子です。
そしてその下がヤマメ君です。
風景_箒川

Y 39cm_20120617

写真を撮った後で、車に戻ると友人からまた電話。
同じサイズがまた釣れていましたが、場所が遠いので携帯で撮影し送ってくれるようにお願いしました。
下はその携帯での写真です。鵜にやられたのでしょうか傷が付いています。サイズは39.5cmですが先ほどの魚より少し細いですね。
それにしてももう少しですね。39cmと39.5cmで泣き40cmとでも言えばよいのでしょうか?
Y 39.5cm_20120617

下は移動した後で、刺激を受けて復活した私が釣った35cmです。これもミノーでした。嬉しい。
35cm_20120617

今回は思い切った箒川への移動が大正解でした。そして3匹全てがうっすらとパーマークが残るきれいな魚でした。
箒川が釣りの選択肢に含められたことは大きな収穫だったと思います。
13:00頃まで釣りをして2人で4匹、それもグッドサイズばかりでたいへん満足のいく釣行でした。

使用タックル
ロッド:Troutin Spin BUNSUILAY NBSL-76M 改PEラインスペシャル
リール:ダイワ ルビアス2506
ライン:Shimano Power pro
ルアー:Dコンタクト72、63、トラップ14g

Edit / 2012.06.17 / Comment: 0 / Trackback: 0 / PageTop↑

那珂川本流ヤマメ 2012年6月10日の釣果

カテゴリ: 那珂川水系2012

6月10日には予定通り那珂川に出動しました。
何故、記事が今頃になったかというと、想像はつくと思いますが、そうです釣れなかったのです。

朝は3:30に起きる予定が4:15になってしまい、それが始まりだったようです。
4:40頃にいつもの釣り場に到着、前日の雨で20cmほど水位は高くなっていました。
私の経験からだと絶好のタイミングはずでした。
しかし、ルアーを投げども投げどもあたりは有りません。それでも始めてから1時間後位にやっとあたりが有り、近くまで寄せましたが何とバラシ。その後、同じ場所で30分ほどねばるも反応なし。場所移動です。

今回は思い切って上流側に移動です。有名なニコン下で試すもアタリ無し。
さらに那珂川町の堰の下、2カ所で投げるも反応無し。
堰の上に移動し、投げるも何もなし、その上に移動して投げるも何もなし。

結局、11:00頃までがんばって、バラシ1で終了でした。
残念なのですが、那珂川で本流ヤマメを狙う釣りはこれが意外と普通です。こんな事もあります。

気を取り直し、週末にまた出動です。釣れるまでやればいつかは釣れるものですが、本流ヤマメのシーズンはそれほど長くは無いので、あと1カ月に集中です。

午後やゆっくりしたかったのですが、植物を育てているのでゆっくりも出来ません。
あまり好きでないブルーベリーへの施肥(追肥)を何とか終了させました。本当は有機肥料100%にしたかったのですが、今回は油粕と骨粉をミックスしたものを中心に、化成肥料をすこし混ぜることにしました。あまり深くは考えていないのですが、有機肥料だと効き目がでるのに時間がかかるので、化成肥料の助けをかりたほうが良いかな・・・と。

そして、よく見ると早生のブルーベリーが色づいていました。まだ少しです。
あと10日程度で本格的な収穫が始まるでしょう。

Edit / 2012.06.12 / Comment: 0 / Trackback: 0 / PageTop↑

ブルーベリーとトマトの様子

カテゴリ: ブルーベリーの手入れ

ようやく天気も安定して、ブルーベリーやトマトも順調に生育しています。

ブルーベリーですが、ハイブッシュの早い物は6月下旬から収穫が始まり、ラビットアイの晩成のものは8月末まで収穫が出来る予定です。
トマトも今の感じですと、6月下旬には収穫出来そうです。

これは、ハイブッシュのスパータンという品種です。
育てるのは少し難しい品種ですが、実は巨大になり味も最高な品種です。畑に植えてから3年目で2回目の収穫になります。木がまだ小さいので本来の味にはならないかもしれません。
収穫時期ですが早ければ6月下旬かな?
スパータン

これは、ハイブッシュのダロウという品種です。
これも美は巨大になる予定です。今年は初めて実を収穫します。少し酸味は強いと言われています。
収穫時期は7月上旬の予定です。
ダロウ

そしてこれは、ラビットアイのバルドウィンという品種です。写真でも解るかもしれませんが、たくさん実を付けています。付けすぎたかもしれません。
ラビットアイの中でも晩成のほうなので、8月に入ってからが収穫になります。木も大きくなっているので、味もよくなっていると良いのですが。
バルドウィン

これはラビットアイのブライトウェルです。
甘くておいしい品種です。これも木が大きくなっているので楽しみです。7月中旬頃は収穫になるでしょう。
ブライトウェル

こちらの写真はGWのころにトマトの苗を植え付けたものです。まだ小さいですね。
トマトの棚

そしてこちらは今の写真です。
成長の早いものは、1m50cm位まで伸びています。すごいスピードですね。
トマト

実の大きさは売っているミニトマトくらいになってきました。後は色が付いてくれればいよいよ収穫です。
トマトアップ

そろそろブルーベリーには追肥をやらなければなりません。前にも書きましたが私は施肥作業がきらいで少し憂鬱です。

Edit / 2012.06.06 / Comment: 0 / Trackback: 0 / PageTop↑

那珂川本流ヤマメ 2012年6月3日の釣果

カテゴリ: 那珂川水系2012

今日は1人でいつもの場所へ出動。時間はいつものように4:00です。

増水ぎみだった那珂川も減水傾向となり、前回の釣行から絶対の信頼をしているオリエンに変えてトラップで勝負です。オリエンは泳ぎが安定していて、また沈めると浮き上がりにくいので流れの強い場所とか、深い所を攻める時に使用します。トラップの動きはスローに引いてもヤマメに見切られないので、減水ぎみの状態ではこのルアーがベストとの作戦です。
※偉そうに書きましたが、トラップがスローに引いても見切られないのは聞いた話です。

先週の日曜日は、那珂川にはかなりの本流ルアーマンがいましたが、今日は何故か人が少なく釣れて無いのかと疑ってしまいます。ついでに解禁したばかりですが鮎釣り師の姿もありません。

さて釣り開始ですが、なんと1投目に下の写真のヤマメがアタックしてきました。34cmで大きくは有りませんが幸先の良い一匹です。
20120603 ヤマメ34cm

その後、下流のほうで大きなライズが有ったので、そのライズをめがけてルアーを投げると、何と重いあたりが有りました。やっぱりというか60cmのニゴイ君です。
ニゴイが釣れるのをいやがる人もいますが私は釣れるとうれしいです。1日やっても一匹釣れるかどうかみたいな釣りなので、本命で無くても釣れるとうれしく感じます。また、ニゴイが釣れるのは魚の活性が高いということだと思うので本命への期待も高まります。
20120603 ニゴイ60cm

ニゴイの後はしばらくアタリが無かったので、ここまでかと感じ始めた時に大きなアタリが!
アタリのあった場所、引きの質、本命を確信出来るものです。それもかなり大きい。
かなりの引きに心臓をバクバクさせながらやりとりをした末に上がってきたのは、45cmの太く筋肉質なヤマメ(たぶんサクラマス)でした。
人の言葉をパクルと、超気持ちいい
といったところでしょうか。
ヤマメも40cm位を超えると別の魚のように引きが強くなりますねー。
20120603 サクラマス45cm

下の写真はヤマメ(サクラマス)のアップです。かっこいいですよねー。
20120603 サクラマスの顔

その後7:00近くなってから場所を移動し、9:00頃までねばりましたが本日の釣りはそこで終了しました。
最低限の目標40cmはクリア出来たので、何とか50cm以上を釣りたいですね。あわゆけは60cmなんて?
※那珂川には60cm超のサクラマスは本当にいるんですよ。

使用タックル
ロッド:Troutin Spin BUNSUILAY NBSL-76M 改PEラインスペシャル
リール:ダイワ ルビアス2506
ライン:Shimano Power pro
ルアー:トラップ 11g、14g

Edit / 2012.06.03 / Comment: 0 / Trackback: 0 / PageTop↑

 HOME 

プロフィール

田舎っぺルアーマン

Author:田舎っぺルアーマン
栃木県の那珂川を愛し那珂川マスを追いかけているルアーマン。

カレンダー

05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

06  05  04  03  01  11  10  07  06  05  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02 

FC2カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。