スポンサーサイト

カテゴリ: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Edit / --.--.-- / Comment: - / Trackback: - / PageTop↑

那珂川本流ヤマメ 2012年5月31日の釣果

カテゴリ: 那珂川水系2012

今日もちょっと無理をしていつもの場所に出動です。
朝5時すぎから1時間余りの勝負です。
結果から言うと、今日は惨敗でした。
日曜日から火曜日にかけての夕立で降った雨で増水し、昨日はにごりが有ったようですが、増水もおさまり絶好のタイミングだと思いましたが、残念な結果となってしまいました。(悔しい)
1度だけ明確なあたりは有ったのですが、乗せることは出来ずにルアーのみの回収です。
今年は今のところあたりが少ないような感じがします。昨年の増水が原因か今年の5月上旬の増水が原因かは解りませんが、今年はあまり良い情報は有りません。
私が通っているポイントも底の状態が変わって砂が積もってしまい、ヤマメが好まなくなってしまったかもしれません。同じポイントでも昨年まで釣れていた所とはずれてきている気がします。
ただ、釣れてくるのは普通の本流ヤマメで、サクラマスや戻りヤマメの大物はこれからだと思います。6月になってから好転するのを期待しています。

ということで、今回は写真無しです。

あきらめずに来週も出動します。1枚でも良いから写真を付けたいと思います。

使用タックル
ロッド:Troutin Spin BUNSUILAY NBSL-76M 改PEラインスペシャル
リール:ダイワ ルビアス2506
ライン:Shimano Power pro
ルアー:トラップ 14g
スポンサーサイト

Edit / 2012.05.31 / Comment: 0 / Trackback: 0 / PageTop↑

那珂川本流ヤマメ 2012年5月27日の釣果

カテゴリ: 那珂川水系2012

今日も仲間と3人で那珂川へ挑戦しました。

4:00頃には釣り場に到着して釣り開始。今日はいつものように那須烏山方面です。
と言いたいところですが、友人1人を残して私は腹痛で一旦退却。その場所は友人に預けました。
15分位してから釣り場に戻って友人の釣果を確認しましたがあたりは無かったようでした。そして自分達以外にも2名ほど同じ釣り場に入って来たので、その場所は断念し移動決定。
しかし、他の主だったポイントには人が入っていたので、一気に茂木方面への移動としました。
写真の風景は、那須烏山市と茂木町の境あたりです。色々な鳥の鳴き声も聞こえて本当に素晴らしい場所ですよ。ヤマメは釣れない事がほとんどですけど。

茂木町風景

ほとんど初めてのポイントだったので、2人で移動しながら投げ続けるも全く反応なし、バス君がかまってくれただけでした。写真は友人に釣れた本日の最大魚。
Black bass 20120527 Y-san

そんな中で別行動の友人Iさんが、何とか一匹釣ってくれました。計測は出来ませんでしたが、30cmを少し超える位のヤマメでした。
Iさんヤマメ30cm

それにしても今日は釣り人が多かったこと。いつもの烏山あたりはヤマメ釣りでほとんどのポイントに2~3人程度人が入ってますし、茂木ではたくさんのバス釣りの人をみかけました。
釣りをしていて一番気になったのは、バスのネストの多さです。40cm前後のバスが多いポイントでは見えるだけで10匹近くがネストを守っていました。
バスは本来いなかった魚で、本来の生態系維持を考えると良くない魚だとは思いますが、バスに罪は無いわけで何ともどうしたら良いか解らなく困ってしまいます。
何か良い対応方法は無いものでしょうか?

今週は思うような釣果が得られなかったので、また来週出撃です。

今日の使用タックル
ロッド:Troutin Spin BUNSUILAY NBSL-76M 改PEラインスペシャル
リール:ダイワ ルビアス2506
ライン:Shimano Power pro 1号
ルアー:オリエン 8g(赤金・・・他)、Dコン63、トリコロール等

Edit / 2012.05.27 / Comment: 0 / Trackback: 0 / PageTop↑

那珂川本流ヤマメ 2012年5月23日の釣果

カテゴリ: 那珂川水系2012

昨日は雨で、何となくヤマメの活性が上がる予感がして、今日は仕事なのですが早起きして那珂川に出動です。
場所は例によって例の場所。(これじゃ解りませんよね)
朝5時過ぎから6時過ぎまでの約1時間が勝負です。
結果として魚の活性が高く、ヤマメ34cm、35cm、そしてニジマス21cmを釣ることが出来ました。20日のヤマメが33cmでしたので、34cm、35cmとサイズアップして、あと15匹釣れば念願の50cm到達なんて勝手に思ったりしています。15匹はハードル高すぎですが。
しかしです。スプーンでの釣行なのですが、針はある程度太いので魚のダメージは結構与えてしまいました。
目では無いのですが、目の近くにフッキングしたので3匹共に目が充血した状態でのリリースでした。釣れたのはうれしいのですが気持ちは少しブルーです。
そんなに気にするなら釣りを辞めればなんて思ってしまいますが、それは無理なんです。釣りは中毒でその毒はかなり強烈です。自分はかなり重症患者ですので、たぶん一生抜け出ることは出来ないと思います。なので、ダメージを少なくする方法を考えて行くしかないのでしょう。

使用タックル
ロッド:Troutin Spin BUNSUILAY NBSL-76M 改PEラインスペシャル
リール:ダイワ ルビアス2506
ライン:Shimano Power pro
ルアー:オリエン 8g(赤金)

最初の34cm、手前のかけあがりでヒットしました。
ヤマメ34cm_20120523

2匹目です。遠投して沈めてからリールを10回転程度でのヒットです。
ヤマメ35cm_20120523

これもかなり遠いところでヒットしました。小さいので引きは強くなかったですけど。
ニジマス21cm_20120523

Edit / 2012.05.23 / Comment: 0 / Trackback: 0 / PageTop↑

那珂川本流ヤマメ 2012年5月20日の釣果

カテゴリ: 那珂川水系2012

友人2人と共に3人で那珂川本流に行ってきました。場所は烏山方面です。
私と友人Yさんは一緒にいつもの場所へ、友人Iさんは新しい場所の開拓に10分ほどはなれた場所に挑戦です。

朝4:30頃、釣りの準備が完了したら日本酒を川の主に捧げて、これからの安全ときれいなヤマメに出会える事を祈りました。

釣り始めて15分程度で、私に33cmのヤマメが釣れ今日は楽勝かと思われましたが後が続かずIさんの場所に移動、Iさんは下の写真のように、40cm台後半のニゴイ、ウグイ、30cmをすこし超えるバスを釣ったようですが本命は来ていません。
その後一緒に釣りを続けましたが釣果が上がらず、その後も場所を移動しましたが、私に35cm程度のバスが来ただけで8:30頃に終了。

満足出来る結果では有りませんでしたが、1匹釣れたので良いことにしときます。
那珂川の本流釣りは面白いことに釣れないのも悲しいのですが、簡単に釣れすぎるのも微妙です。

ただ、1名だけ何も釣れなかったのでかなり悔しそうでした。来週はもう少し時間をとって釣りに行けると良いのですが。

私はというと、釣りから戻った後にブルーベリーの世話や花壇の手入れをした後、夕方5:00頃再び那珂川へ、暗くなるまで竿を振りつづけましたが、残念ながら何も起こりませんでした。

使用タックル
ロッド:Troutin Spin BUNSUILAY NBSL-76M 改PEラインスペシャル
リール:ダイワ ルビアス2506
ライン:Shimano Power pro
ルアー:オリエン 8g と15g そしてチェリーブラッド75

これは、貴重なヤマメ君
ヤマメ20120520

バスは素晴らしい魚体
バス20120520

Iさんが釣ったニゴイですが、このサイズだと那珂川では小型です。
友人のニゴイ

これもIさんのウグイ
友人ウグイ

最後はIさんのバスです。
友人バス

Edit / 2012.05.20 / Comment: 0 / Trackback: 0 / PageTop↑

まってました

カテゴリ: 那珂川水系2012

那珂川に出されていた渓流魚の解禁延期要請が全て解除され、本日より那珂川本流、余笹川、黒川、箒川、宮川の渓流魚の釣りが出来るようになりました。
このブログは那珂川本流での釣りの様子を記事にするのが最大の目標でしたので、やっと釣りが出来るようになってほっとしています。残念ながら今日は仕事で釣りには行けませんが、明日はAM4:00にチャレンジです。
水の状態もかなり良いと思います。
良い結果が出たら、このブログで報告します。
約2ヶ月半待った解禁、すごく長かった気がします。

Edit / 2012.05.19 / Comment: 0 / Trackback: 0 / PageTop↑

いつのまにか

カテゴリ: ブルーベリーの手入れ

GWに花が咲いたと思ったら、もう実が大きくなり始めました。大きいのは直径が5mm位になっています。
ミツバチが一生懸命に働いていくれるので、実の付きについては順調です。
下の写真はすべてハイブッシュ系です。ラビットアイ系は少し遅れていて今は花の盛りです。

これはチャンドラーの実です。
接ぎ木のチャンドラーですので、うまくいけば500円玉位の巨大な実を着けます。
チャンドラー

次はアーリーブルーです。
チャンドラーほどでは有りませんが、これも大きな実を着けますし味はとても上品で香りも高い品種です。
アーリーブルー

そしてブルーチップです。
これも大きな実を着けます。酸味が少し強いですがとてもおいしい品種だと思います。
実はまだ小さいですけど、きれいで可愛い実ですよね。
ブルーチップ

最後の写真はブルーベリーでは無くボイゼンベリーの花です。体に良いのでちょっと話題になっていますよね。
真っ白な花で、とても可憐でとても好きな花の一つです。
ボイゼンベリー

あと1か月ほどで早ければ、ブルーベリーが食べられるかもしれません。
そろそろ追肥が必要かなー

Edit / 2012.05.15 / Comment: 0 / Trackback: 0 / PageTop↑

5月6日のブルーベリー畑

カテゴリ: ブルーベリーの手入れ

ブルーベリーの花ですが5分咲きといったところです。
天気は不安定ですし、ミツバチは来ないしで受粉が心配でしたが、5月4日の午後あたりからミツバチやマルハナバチがたくさん飛んで来るようになりました。
上の写真がマルハナバチで真ん中の写真が日本ミツバチだと思います。
これで受粉の心配が無くなりました。

おまけですが、一番下の写真はトマトの花です。
トマトは最初の花に実を着けるのが重要なようです。最初の花に実を着けないと茎や葉のほうに栄養が行って、実付きが悪くなります。・・・と書いてありました。
仕方がないので筆を使って受粉をしました。うまく実がつけば7月には食べれそうです。楽しみです。

マルハナバチ
日本ミツバチ
トマト開花

Edit / 2012.05.06 / Comment: 0 / Trackback: 0 / PageTop↑

那珂川大増水

カテゴリ: 那珂川水系2012

写真は今日(5月4日)朝の那珂川の様子です。上の写真は八溝大橋から下流を写し、下の写真は上流側を写しました。これでも増水のピークからすると1m位減水しているようです。
79歳のおやじが、5月にこれほど増水したのは記憶にないと言っていたので、5月としては50年とか100年に一度の増水だと思います。
今はまだ鮎の遡上中ですが、まだ体の小さい鮎達はこの増水に耐えられるのでしょうか?耐えられたとしても底石のノロはきれいに洗われてしまい、餌はかなり少なく鮎の成長に大きく影響してしまうでしょう。
戻りヤマメやサクラマスにはどういった影響が出るかも心配です。増水は遡上魚にとって必要なものですが、ここまでの増水だと水中の虫や小魚も減ってしまうので、悪いほうに影響が出るのではと思います。
4月に産卵のピークだったウグイの卵もどうなってしまったのでしょうか?
それにしても、最近は雨の降りかたは容赦が無くなりました。降り出すと大量に降って、降らないとまったく降らないと両極端ですね。
那珂川増水2
那珂川増水1

Edit / 2012.05.04 / Comment: 0 / Trackback: 0 / PageTop↑

メモリアルフィッシュ イン 那珂川

カテゴリ: 那珂川水系2012

本流釣りを始めたのは2008年、この魚は初めて手にした戻りヤマメ39cm。
一人で始めた本流釣りなので、雑誌等を見て釣り方を調べたものの何をどうした良いか解らず、釣りに通うもののニゴイとウグイしか釣れずに、思わず宇都宮のWild 1で本流釣りが詳しそうな人に聞いてしまいました。
収穫は、ルアーを引いてくるスピードが遅いとヤマメに見切られる事と、トラップというルアーはゆっくり引いても見切られない動きをするという事です。早速そのルアーを購入し何度か通った後に釣ったのがこの魚です。
掛かったときの緊張と、釣り上げた時の感動はネイティブの魚ならではと強力に感じました。
初めての戻りヤマメ_2008

2009年は私にとって当たり年でした。
これは3月に釣り上げたイワナ49.5cmです。烏山近辺にイワナがいるとは知らなかったし、しかもこれほどの魚が釣れるとは夢にも思わず、魚を見たときは本当に驚きました。
なんと岩魚の49.5cm
そして、6月につれた43cmのヤマメです。もしかしたらサクラマスの可能性も有ります。
コンディションが抜群で幅広のすばらしい魚体です。写真が少し暗いと思いますが、暗くなり始めてから釣れたからです。あきらめない事の大切さを実感しました。
今までの最大ヤマメ_2009

2010年は5月6月のベストシーズンになかなか釣りに行けず、また釣りに行けても天気が悪かったり、先行者がいたりして思うような釣りにならず惨敗の1年でした。よって記憶に残るような魚は釣れませんでした。

2011年は今までの最大のヤマメ46.5cm(サクラマスかも)を釣る事が出来ました。友人を誘ったところその友人も本流釣りにはまってしまい、この年は2人で釣りに行くことも多く、釣行する回数も今までよりずいぶん多かったのがよかったのでしょう。その友人には48.5cmを釣られてしまい少し悔しかったですけど・・・
20110618サクラ

さて、2012年ですが烏山付近はまだ那珂川が解禁していません。もうすぐ本流釣りのベストシーズンが始まってしまいます。
今は1日でも早くの解禁を願うばかりです。

Edit / 2012.05.03 / Comment: 0 / Trackback: 0 / PageTop↑

 HOME 

プロフィール

田舎っぺルアーマン

Author:田舎っぺルアーマン
栃木県の那珂川を愛し那珂川マスを追いかけているルアーマン。

カレンダー

04 | 2012/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

09  08  06  05  04  03  01  11  10  07  06  05  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02 

FC2カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。