スポンサーサイト

カテゴリ: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Edit / --.--.-- / Comment: - / Trackback: - / PageTop↑

那珂川マスへの道 最終回

カテゴリ: 那珂川マスへの道

変わり易い天気になってきましたね。
大雪も有りましたがこれも春が近づいた証拠。わくわくです。

那珂川マスへの道も何と今回で7回目。そして最終回です。
今回は那珂川マスについての問題点について書かせていただきます。

那珂川の水量の減少・川鵜の被害・何故必要なの?と思わせる河川工事・・・等、那珂川がかかえる問題点はたくさん有りますが、ここでは那珂川マスに限定した問題点について考えてみましょう。

渓流にたくさんのヤマメがいれば、強い個体が条件の良い場所を縄張りとします。そしてその生存競争に敗れた個体が餌を求めてスモルトと化し1歳の春に海に下ります。そしてこれがサクラマスとなり、翌年の春に川へと戻ってきます。本流ヤマメや戻りヤマメも渓流での生存競争に敗れて餌を求めて川を下った個体のようです。
しかし、那珂川へのヤマメの放流は成魚放流のみです。もうお解りかと思いますが、成魚はいくら放流しても那珂川マスにはならないのです。さらに放流魚は釣られ易く生き延びる個体も少ない上に、繁殖能力も弱いものだから稚魚も増えない、よって生存競争も厳しく無いので川を下るヤマメも少ない。

那珂川マス、なかなか釣れないですよね。条件の悪い年は那珂川マスの顔を見る事も出来ない人が少なくありません。
あまり釣れるのは微妙ですが、1日がんばって1匹位は釣れると良いですね。
成魚放流は解禁日を盛り上げるには良い事だと思いますが、那珂川の将来を考えると稚魚、及び発眼卵の放流を増やすことだと私は強く思います。
稚魚や発眼卵で放流された個体は、天然魚と同じ生活が可能ですから、魚影が濃くなることによって、海や本流に下るヤマメが増えてきます。鬼怒川が良い例で、本流ヤマメや戻りヤマメがたくさん釣れているのは、稚魚や発眼卵の放流の成果がでていると感じます。欲を言わせていただければ、那珂川には那珂川のヤマメから採卵した卵を利用して、稚魚や発眼卵を放流出来れば最高です。
そして、チャンスが有れば漁協さんにも思いを伝えて行きたいと思います。

これで最後になりますが、私の記事を読んで『那珂川マスに挑戦しよう』と思ってくれるかたが出てくれたらうれしいです。
管理釣り場で1日に20匹も30匹も釣るのも楽しいですが、たった1匹釣れただけで魚をネットに入れた瞬間体が震え、いつのまにか拳を強く握りしめ、思わず吠えてしまうような、那珂川マスも良いですよ。

私は祈ります。
『那珂川マスに夢中な釣りバカ共に、恵みの雨が降り、奇跡の魚が食らいつく事を』

END
スポンサーサイト

Edit / 2014.02.11 / Comment: 4 / Trackback: 0 / PageTop↑

那珂川マスへの道 その6

カテゴリ: 那珂川マスへの道

2月になりました。解禁まで1ヶ月をきりましたねー。超ーーー楽しみー。

先日、那珂川南部漁協のブログを覗いたら、入漁券の値上げの記事が載っていました。
20%~25%位値上げになってしまいます。ちょっと上げ過ぎじゃないのかなー。
で、詳しくは那珂川南部漁協ブログで確認してください。

今、外は雪で真っ白になりました。この雪で元気なのは愛犬『銀』ちゃんくらいです。
銀世界で『銀』元気ってか。
そんな中『アタリの取り方と取り込み』について書いているのですが、説明というか表現が難しくて、私の国語のスキルではうまく書けないと思いますが、興味有るひとは我慢して読んでください。

管理釣り場では、ロッドティップやラインを見て微妙なアタリを取ったりしますが、川では流れが有るし風が強い事も多いので、そんな微妙なアタリは取れません。というか私には取れません。
少なくとも本流釣りを始めたばかりの人は、そこまで微妙なアタリは気にしないで、手元に感じるアタリに集中しましょう。

そして、アタリが有ったら即合わせをします。私は大きくは合わせないですが、強く合わせるようにしています。そして、興奮して忘れていなければですが、追い合わせを1~2度入れます。合わせを強くすると魚が暴れるという考えも有るようですが、魚が暴れてしまうことよりフッキングが不十分でバラス事のほうが嫌だからです。

フッキング後に注意するのは、頭がてんぱってしまって早巻きしすぎることです。魚の動きを良く見て落ち着いて寄せましょう。
やりとりの中で私が心がけていることを1つ。
それは、魚が急に走り出した時の対応です。(みんなやっているかもしれませんが?)
魚が突進した時は、突進を止めようと竿を立てて必死に抵抗するひとが多いですよね。
竿を立てるとガイドに抵抗がかかりドラグが出にくくなります。すると魚も必死に走ろうとするから、結果としてラインに負担がかかり切れてしまったり、魚が暴れてバラシが多くなります。
私は、魚が走り出したら竿先を魚のほうに少し送ってやります。すると竿とラインが作る角度が鈍角になりガイドに掛かる抵抗が減るのでドラグは出易くなります。そして魚が1息ついたら竿を元に戻してリールを巻くようにしています。
魚が大きくてそれでも厳しい場合は、ゆっくりと下流側に下りながらやりとりするとか、流れの緩い岸側に誘導しながらやりとりすると良いでしょう。

魚が寄ってきて最後の取り込みですが、人が見えた途端に魚が再び走り出す事が多いので気を抜かないようにしましょう。そしてネットに入れる際にラインを巻きすぎると、魚の最後の暴れを竿とラインで吸収出来ずに、バラシの原因ともなるので、巻きすぎには注意しましょうね。
どうしても取り込み出来ない時には、無理にネットに入れようとしないで、岸に上がって下がりながら魚を岸際の浅い所に引いて来るのも良いでしょう。

魚の取り込みについては、慣れが重要なので解禁までは管理釣り場にでも通って、魚を(出来ればでかいやつ)たくさん釣っておくと良いですね。

最後になりますが、魚が釣れたら良く観察したいし、記念撮影もしたいですね。
もし、リリースするのであれば、次の事に注意しましょう。
・魚を出来るだけ触らない。
・魚を触る場合は水で手を十分に冷やす。
・長時間水から外にださない。
那珂川マスは数も少なく貴重な魚です。大切に扱って、来年も、そして10年後も綺麗な那珂川マスが残るようにしましょう。出来ればもっと増えるてくれるとうれしいですね。

次回はたぶん最終回
今、那珂川マスについての問題について書きたいと思います。

Edit / 2014.02.05 / Comment: 2 / Trackback: 0 / PageTop↑

那珂川マスへの道 その5

カテゴリ: 那珂川マスへの道

雨が全く降りませんね。
那珂川も超減水状態です。しかしポイントは探しには絶好です。どうです見に行きましたか?
ただ巻きのイメージは掴めたでしょうか?

那珂川での解禁までは、まだ1か月以上も先ですが、私のスプーンでの釣り方を紹介します。

『ポイントに到着しました。それではウエーディングして釣りを始めましょう。』
という人が多いですが、これはとてももったいないです。
戻りヤマメやサクラマスは、遡上の際に餌をほとんど食べないですよね。
ということは遡上の最中に体力を消耗したく無いんです。
ですから、魚は流芯にいるよりもその脇の流れが少し弱い所にいる事が多いです。
そう、場所にもよりますが、魚は意外と岸から近くにいるようです。
いきなりウエーディングすると、大切なポイントを自ら潰してしまうかもしれないですね。
ウエーディングするのが本流釣りでは無く、岸からでは魚のいそうな場所に届かないので、仕方なくウエーディングすると考えたほうが良いと思います。いきなりウエーディングして、釣り人がいる事を魚に知らせては元も子もないですから。

ポイントに着いたら、私はまず岸から釣りが出来ないかを考えます。
水がクリアだったり、減水だったりする場合は、さらに岸から5mほど下がって釣りをする位アプローチには気を使います。
これはとても大切です。
そして岸近くで釣れる可能性を感じたら、ウエーディングしないでまず岸から探ります。

岸近くには魚が釣れないのを確認したら(もちろん釣れる場合も有ります)、いよいよ本番です。
私は水深によって釣り方を少し変えます。
水深が1.5m位まででしたら、1キャスト2~3ステップで釣り下ります。
クロス又は少しだけダウンクロスにキャストし、2~3カウントダウンしてスプーンを中層まで沈め、ラインにドラグがかからないように竿を立たせてただ巻きします。
そしてスプーンが流芯をきったらドラグはあまりかからなくなるので、竿を寝かせてスプーンが浮き上がらないように手元まで引いてきます。これを黙々とポイントが終わるまで続けます。
釣り下る途中で、ストラクチャーが有ったり、アタリが有ったり、魚の気配を感じたりする場合は、その場所でルアーを変えたり、水深を刻んで攻めるのは効果的です。

水深が深い場合は、縦に刻んで釣りをする事が多いです。
その場合には、2キャスト5~6ステップで釣り下ります。
1投目は上記と同じですが、2投目は1投目より5~6m位上流にキャストし、カウントダウンを5~6に増やして中層とボトムの間を引くようにしています。

上級者になるとフリーフォールでカウントダウンする人も多いようですが、最初はカーブフォールでカウントダウンするほうが簡単ですし、根がかりも少ないと思います。

魚の遡上や、活性の上がるのを待ってポイントをあまり動かない人もいるようですが、私は活性の高い魚を探す釣りが好きなので、1通り流したら移動します。1つのポイントにいるのは1時間程度でしょうか。

これを繰り返す訳ですが、釣れないだけでなくアタリさえも無いのが普通です。これに耐えられるかどうかが、那珂川マスを釣る為の大きな壁でしょうか?
もちろん、いきなり魚を釣る幸運な釣り人もいるんですけど。

さて、次ですが?
うーん。何を書きましょうか?

Edit / 2014.01.29 / Comment: 0 / Trackback: 0 / PageTop↑

那珂川マスへの道 その4

カテゴリ: 那珂川マスへの道

今回は本流での『スプーンのただ巻き』について書きます。
解り易く書けるかどうか少し不安ですが、がんばります。
ただ巻きとは、一定の速度を保ってリトリーブする事らしいです。管理釣り場だと1秒間にハンドルを1回転、本流のスプーンだと1秒間に2~3回転といったところでしょうか。しかし本流でのただ巻きは少々違います。もしかしたらただ巻きとは言えないかもしれません。
私の考える『本流でのスプーンのただ巻き』と言うのは、ルアーが着水してから回収するまでの間、ルアーが本来の動きをするようにリトリーブすることです。したがってリトリーブスピードは一定では有りません。

御存知のように、川の流芯は流れが速く、川岸に来るに従って流れは緩くなります。しかしこれは一般的な話であって、実際の川の流れは複雑です。このような複雑な流れの中、常にルアーの本来の動きでリトリーブするのは意外と難しかったりします。
例えば流芯に向かってルアーをキャストします。流芯は流れが強いのでリトリーブスピードはゆっくりです。流れがとても強ければ巻かないこともあります。そしてルアーが岸近くになり流れが緩くなるににしたがってリトリーブスピードを早めることになります。
では、どうやってリトリーブスピードを決めるのでしょう?
・・・それはリトリーブ中の竿に感じるルアーの重さと、リールの巻き抵抗です。

それでは実際にやってみましょう。
まず、止水でスプーンを投げてみましょう。水はクリアなほうが良いですね。そこでスプーンが本来の動きをするリトリーブスピードを確認し、何回も引いてみてその引き抵抗を憶えておきましょうね。
今度は川で投げてみましょう。最初は止水で憶えたスピードで引いてみます。流芯をリトリーブするとすごく重いでしょう。ルアーは回転してしまったり、水面から飛び出してしまうかもしれません。それじゃ今度は憶えておいた引き抵抗になるようにリトリーブしましょう。かなりゆっくりに感じますね。
そのままのスピードで岸に近付いてくると引き抵抗が弱くなるので、そしたらリトリーブスピードを徐々にあげて行きます。これがうまく出来れば複雑な流れでも対応可能です。引き抵抗に応じてリトリーブスピードを変えてください。重くなったらリトリーブスピードを遅くし軽くなったらスピードを早めます。
ただし、流れの有る川では、水の抵抗がラインにもかかるので、止水での引き抵抗よりも少し重く感じる位が、ベストなスピードになるので、これは実際に体験してみてください。

良く雑誌などでエキスパートの人のアクション解説などが書いてありますけど、その前にただ巻きをしっかり覚えましょう。そして川には複雑な流れが有るので、その流れがすごく自然で抜群のアクションを付けてくれます。私はスプーンのアクションを良く知りませんが、少しばかりは魚が釣れます。

アクションなど付けられなくてもただ巻きで魚は釣れます。
難しいことは考えずに魚が釣れるまで投げ続けましょう。

今回は下手な文章で申し訳ありません。
次回はもう少し工夫出来ればと思っています。
さて、次回の内容ですが、ただ今考え中にてございます。

Edit / 2014.01.23 / Comment: 0 / Trackback: 0 / PageTop↑

那珂川マスへの道 その3

カテゴリ: 那珂川マスへの道

第3回目は那珂川マスについて書きたいと思います。
ヤマメについて研究している人はいるのですが、今でも謎がいっぱいです。
今回は私が調べた事を知っている範囲でまとめてみました。

那珂川本流には、本流ヤマメ、戻りヤマメ、そしてサクラマスがいますが、渓流には一般的にヤマメと呼ばれている個体も存在しているので、那珂川は全ての種類のヤマメが存在している貴重な川と言えます。さらに細かくするとサクラマスも通常のサクラマスと短期降海型の小型のサクラマスがいるみたいです。

・本流ヤマメ
渓流から降りてきたヤマメが、本流(例えば那須烏山市付近とか)にとどまって生活している魚です。生活しているということは、その場所で捕食行動をしている訳ですから、当然ルアーへの反応も良く、魚がいてタイミングさえ合えば早めにスプーンを引くだけでも釣れますし、ミノーの激しいアクションにも反応します。
ヤマメのサイズは30cm~40cm程度が多くて、解禁当初の3月から釣ることは可能ですが、本格的に釣れだすのはGWが終わったあたりからというのが一番多いパターンかと思います。
こう書くと簡単に釣れるように感じますが、魚の数自体が少ないので魚のいる場所を見つけるのと、タイミングを合わせるのは難しいです。攻略の為には事前の準備は重要です。

・戻りヤマメ
このヤマメは私にとって最大の謎の魚です。そもそも川を下る戻りヤマメは、単に渓流に棲んでいるヤマメが生活する場所を求めて下ったものなのか?それとも海に降りようとしたヤマメ(スモルト)が住みついてしまったものなのかも解らない状態です。
那珂川の戻りヤマメは、下流部(茨城県のどこか)で生活し産卵をする為に栃木県まで遡上してきます。産卵の為の遡上ですから、捕食行動はほとんどしないと思われます。よって釣り方も本流ヤマメとは違って、魚の前にルアーを通して反射的に口を使わせるような釣り方になります。
サイズは35cm~45cm程度が多く、本流ヤマメより少し大きいだけのようですが、戻りヤマメの体は太く丸いので、一回り以上大きく見えますし、私の感覚だと引きも強い気がします。この魚は5月中旬頃から釣れだして、7月上旬頃が最盛期となる場合が多いです。

・サクラマス
前にも書きましたが、那珂川には短期降海型だとおもわれる40cm台の小さいサクラマスと、50cmを超えるサクラマスがいます。特に50cmを超えるものは夢のような存在で、私もまだ手にした事は有りません。しかし、毎年何本かは釣れているので、魚が存在している事は明らかです。
サクラマスも捕食行動はしませんので、釣り方は戻りヤマメと同じと考えて良いと思います。釣れる時期に関しても戻りヤマメと同じで5月中旬頃から釣れだして、7月上旬頃が最盛期となる場合が多いです。しかし、夏に遡上してくる魚がいるとの情報も有るようなので、シーズンはもっと長いかもしれません。

本流ヤマメ、戻りヤマメ、そしてサクラマスの見分け方ですが、私もそれほど数を釣っている訳では無いので詳しくは解りませんが、40cm程度の魚でも魚の角度を変えると薄いパーマークが残っている個体がいて、これは間違いなく本流ヤマメか戻りヤマメかと思います。またサクラマスは背鰭と尾鰭が黒く透き通っているので、魚が釣れた際には、この辺も観察すると楽しいですよ。ただし、リリースするのであれば、写真を撮ったりして魚を長時間水から上げてしまうのは厳禁です。触る時も水で手を良く冷やしてからにして、元気な状態で川に戻すようにしましょう。

これまで書いて来た通り、那珂川にはたくさんの種類のヤマメがいて、とても興味深い川です。貴重な魚を釣り上げて感動に浸るのも良いものですよ。

次回は川でのスプーンのただ巻きについて書く予定です。

Edit / 2014.01.19 / Comment: 0 / Trackback: 0 / PageTop↑

 HOME  >>Next

プロフィール

田舎っぺルアーマン

Author:田舎っぺルアーマン
栃木県の那珂川を愛し那珂川マスを追いかけているルアーマン。

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

06  05  04  03  01  11  10  07  06  05  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02 

FC2カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。