とちぎ農業未来塾 終了式

カテゴリ: 未来塾日記

今日はとちぎ農業未来塾の終了式
午前中は発表会をやって、午後13:00からは就農相談会。
そして、15:45からいよいよ終了式。
未来塾_20150305

未来塾に入塾して11か月。
収入も減り、嫁を始めとして家族には迷惑かけたんだろうなー。
わがままを許してもらって、感謝、感謝

とはいっても農家にすらなれていない。
早く土地を見つけて、就農して、定植して・・・・・
まだまだ、忙しい日々は続きそうです。

まーそれでも釣りには行きますけどねー。
スポンサーサイト

Edit / 2015.03.05 / Comment: 2 / Trackback: 0 / PageTop↑

6次産業化研修

カテゴリ: 未来塾日記

久々の未来塾日記の記事だ。
どうも最近は頭の中がサーモンピンクになっていて、農業に集中出来なくなっている。

今日は、農業大学の未来塾生で6次産業化の研修に行った。
※6次産業とは、1次産業(農)×2次産業(製造)×3次産業(商)=6次産業らしい
 要は自分で作った農産物を自分で加工し販売して農家の収入を上げようということらしい。
午前中は小山市の道の駅思い川の『カウベル』というジェラート屋さん。
ここでは、プロジャクターを使ってのジャエラート屋さんの生い立ちから現在までの説明を聞いた。

午後は『いちごの里』
ここでも同じように社長さんの話を聞いた後に、施設を案内してもらった。

いちごのビニールハウスは45mのものが150棟も有る。延々と続いた感じだ。
いちごの里20141105_1

45mというのも意外と長いね。そして1棟に1個ミツバチの箱が置いてある。
いちごの里20141105_2

おしゃれなレストランも有り、食事とデザートが食べ放題だったりする。
しかしながら、最近はあまり量が食べられなくなってしまい、食べ放題という言葉にそそられなくなった。
いちごの里20141105_3

おみやげさんには、イチゴをメインで使ったケーキやジャッム等が販売されている。
デザートを製造し販売することで、選別等で出たロスを無くしているようだ。
いちごの里20141105_4

施設の中にはサクランボ、ブドウ、そしてブルーベリーも植えられている。
イチゴは12月から5月、サクランボは6月、ブルーベリーは7~8月、葡萄は8月~10月に収穫して、ほぼ1年中、何かが収穫出来て、人が訪れるようにするのが目的のようだ。
ただし、施設は元は田んぼだったようで、いちごの生産には良いにしても、果実の生産には厳しいようだ。
下はブルーベリー畑だが、田んぼの横に有り、これだと土壌改良をしても、となりから水がしみてくるので厳しいだろう。
作るのが難しいハイブッシュはうまく育たなく、ラビットアイだけしか出来ないので、期間が7月~8月なのかもしれない。
いちごの里20141105_5

それにしても、全体的にはおしゃれですばらしい施設だ。
6次産業の理想の形に近いかもしれない。
私もチャレンジしたい気持ちも有るけど、農業を始めるのが遅かったかなー。

そして、帰り道に安いサーモン用スプーンでも無いかと、タックルベリーを覗いてみた。
スプーンを1通り見た後で、ロッドを覗いていたら長さ8フィート6インチで、35gまで使えるジャクソンのベイトロッドがあり、これなら荒川でも使えると思い、思わずバイトしてしまったが、フッキング前に針を口から吐き出した。
危ない。危ない。たいした目的無しで釣具屋さんに行くのは辞めにしないと。

Edit / 2014.11.05 / Comment: 0 / Trackback: 0 / PageTop↑

果樹園へ向かう道

カテゴリ: 未来塾日記

昨日の午前はキウイフルーツとブドウ棚の上に防鳥網を貼り、午後は別のブドウ棚の雨除けビニールを外した。
台風一過で猛暑の中の作業で、家に帰った後は眠くてブログが書けず。
で、一日遅れとなってしまった。

果樹園には、草原の中の道とは呼べないような道を歩いていくけど、この道がなかなか良い。
何となく宇都宮にいるような気がしない。
そして、いつものようにこの道を通って果樹園に向かった。
未来塾_20140712_1

果樹園の果物達はすくすくと大きくなっている。
巨峰は直径2cmほどになっていて、あと数日すると色付きが始まりそうだ。
未来塾_20140712_4

リンゴのフジも、梨のキラリも直径6~7cm位。
早生の梨(幸水)はあと一ヶ月と少しで出荷となりそう。リンゴは9月かなー。
未来塾_20140712_2

未来塾_20140712_3

味見が楽しみ。

Edit / 2014.07.12 / Comment: 6 / Trackback: 0 / PageTop↑

梨の摘果作業

カテゴリ: 未来塾日記

今日は梨『にっこり』の摘果作業の実習
花が咲いたと思ったら、もう実が膨らみ始めました。早いもんですね。
複数の実が着いていますが、これを1つにします。
この中から実を選ぶのですが、基準は下記の通り。
出来れば2~4番花より選ぶ、大きいこと、キズが無い事、形が整っていること、
『にっこり』は大きいのが売りなので、大きな実を残すことは重要みたいです。

摘果していると、大きな実が付いていると落としてしまうのはもったいないと感じます。
優しすぎる人やケチな人は摘果作業には向いていないかもしれないですね。
未来塾_20140507_2

摘果するとこんな感じになります。
未来塾_20140507_1

あと何週間かすると、梨の間隔が20~30cmになるようにまた摘果します。
秋になれば大きいものは800g~1kgになります。
楽しみです。

摘果作業は上を向いて腕を上げたままの作業になるので、首が痛いとか腕が上がらない等の話が聞こえてきます。
やってみると、なかなかたいへんな作業です。
とても手がかかっています。梨は高いとか思わないでたくさん食べてくださいねー。

Edit / 2014.05.07 / Comment: 0 / Trackback: 0 / PageTop↑

梨の花、リンゴの花

カテゴリ: 未来塾日記

今日、未来塾では梨のネットを張った。
ネットを張るワイヤーの上に乗って、使わない時にまとめてあったネットをほどき、下の人が引っ張ってネットを張る。
そしてネットに隙間が出来ないように、針金でネットとネットを縛って行く。
ネットの目的は、GW頃に多い雹被害の防止、そして鳥害の防止。
ネットに隙間が有ると、その隙間から鳥が入ってくるので、ネットを縛るのは重要だそうです。
今日は午後からだったので、ネット張りだけで終了。
高さ2.5m位に有る一本のワイヤーの上に乗っての作業は、見た目以上にハード。
梨農家のかたの苦労が身にしみます。


先週の金曜日も未来塾は有ったのだけれど、記事が書けなかったので研修の復習を兼ねて書いときます。
最初に先生から花の説明が有った。

梨の花(きらり)
未来塾_20140418_5
1か所に花が約8個ほど咲きます。
根元の花が1番で、先端に行くに従って番号は増える。
反時計回りに花をつけるそうだ。
8個の花は咲くのだが、最終的に実を残すのは1つのみ。
1番の花が実を付けると、大きな実になるけれど、扁平となるので商品価値は低い。
5番~8番は実が小さい上に、細長くなってしまう。
よって、2番~4番の実から1つを残す。
幸水は実が熟すの早いので、あまり大きいのは出来にくいから実の大きいものが商品価値が高い。
豊水は形が重要。

リンゴの花(王林)
未来塾_20140418_4
写真の中心に咲いているのを中心花と呼ぶ。
周りにつぼみが付いているけど、これを側面花と呼ぶ。
中心花が先に咲いて、1週間近く遅れて側面花が咲く。
リンゴの場合は中心花に付いた実が大きくて形も良いので、中心花に付いた実を残すようにする。

あまり関係無いけど、おまけでラフランスの花
未来塾_20140418_1


それで、その日の研修内容ですが、ハウスの中は梨の花が終わったので花摘みです。
露地の場合だと、雨や風が当って花びらは自然に落ちるけれど、ハウスの中はそうもいかないので、人の手で花びらを落とします。
花びらが残ると、そこからカビが生えたり、花びらが実にくっついたりするそうです。
花摘み前
未来塾_20140418_3

花摘み後
未来塾_20140418_2

単純作業だけど、1つ1つが重要な作業。

Edit / 2014.04.23 / Comment: 4 / Trackback: 0 / PageTop↑

 HOME  >>Next

プロフィール

田舎っぺルアーマン

Author:田舎っぺルアーマン
栃木県の那珂川を愛し那珂川マスを追いかけているルアーマン。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

06  05  04  03  01  11  10  07  06  05  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02 

FC2カウンター

QRコード

QR

検索フォーム